シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについて紹介しているサイト

見た目に手間やコストをかける人が増加

シリコンはさまざまな物に入っている

シリコンは合成物質で、シャンプーの他にもファンデーションなどの化粧品や、ティッシュなどのとても身近なものまで私達の生活で日常的に使う商品に含まれています。
シリコンにはさまざまな種類があり、必ずしもシリコンという表記ではない場合も多く、思っている以上に生活の中で利用されている物質です。
シリコンそのものは人体に害は無いとされているため、このように多くの製品に使われています。

髪のボリュームを出したりツヤを出したいなどという目的が無いのであれば、わざわざノンシリコンのものを選ぶ必要は無いですし、シャンプー以外にもさまざまな物に使われているため、過度に危険視して避ける必要もありません。
シリコン入りのシャンプーにも、成分にこだわった商品はたくさんあるので、シリコンの有無以外も見て選ぶと良いですね。

シリコン入りシャンプーの良いところ

シリコン入りのシャンプーの良いところは、さまざまなダメージに対してバリアのような役割をプラスできるという点があります。
シャンプーは、している最中やタオルドライ時、またドライヤーの熱や摩擦などさまざまなダメージが髪にかかってしまいます。
なので、枝毛が増えてきていたり切れ毛が目立ってきたりなど、髪にダメージがある場合はシリコン入りのシャンプーで保護するようにすると良いでしょう。

シリコン入りのシャンプーにもさまざまな商品があるので、より保護成分の多いものであったり、ほかの成分が髪にとって栄養のあるものを使っているなどその他の要素で選んでも楽しいでしょう。
髪が傷んでいる以外にも髪を落ち着かせたい人やパサつきが気になる場合もシリコン入りがオススメです。


この記事をシェアする